ホテル裏話 | なぜ?みんなの疑問を元ホテルマンが暴露

元ビジネスホテル従業員の裏話や裏側。雑学や面白い話。宿泊者が思っているホテルの「なぜなんだろう?」も分かります。

GoToトラベル再開・復活はいつから?2022年2月は見送り

まん延防止等重点措置が適用され、オミクロン株による第6波の影響から、gotoトラベルの再開は見送り・延期になっています。
県民割も次々と中止や一時停止になっています。


「Go To トラベル」あーそんなのあったねーとすっかり過去のものと興味を失っている人も多いでしょうか?
ついに復活か?待ってました!いつ?と俄然やる気が出てきた人もいるでしょう。
GoToトラベルの再開はいつから?復活の可能性は本当にあるのでしょうか?
「結局GoToトラベルって利用しなかったし、よく分からなかったなー」という人に、こういうキャンペーンでしたと細かく説明することは今回しません。超簡単に言うと、旅行代金の半額相当が補助される政府主導のキャンペーンでした。
旅行・観光・宿泊業界にとってはかなり助けになったキャンペーンだったと思います。割引率が大きかったこともあって、特に高級ホテル・旅館が賑わいました。

GoToトラベルの再開はいつになるのか?。政府はコロナの重症化を防ぐ経口薬が実用化されるかを見極めてから再開したいとの考えがあります。また、ワクチンの3回目の接種の進捗状況。これらの要素が解消されてからの再開になるでしょう。

おそらくは第六波が収束し、2021年の10月、11月、12月の時のように安定して陽性者数が少ない期間が続く傾向が見えなければ復活は難しいかもしれません。


GoToトラベルが復活する場合は、どうやらワクチン接種や検査の陰性証明を活用する形になりそうです。

原案です。
旅行代金の割引率は30%、上限額を1泊1万円に引き下げ、旅行先で買い物などに使えるクーポンは平日3000円、休日1000円とする。

以前のGoToトラベルは、利用者が大手高級ホテルや土日の宿泊に集中したとの指摘があります。その為、今度は中小のホテル・旅館への宿泊、また平日の利用においてメリットが増すような制度に改める方針のようです。
それと、前回はキャンペーンが続いていても、徐々に割引き率を下げていく予定でしたから、再開の際にはそのようになると思います。

スポンサーリンク


政府は復活・再開にはわりと慎重なものの、ワクチン接種が進んだ段階なら感染拡大を一定程度制御でき、日常生活や社会経済活動の回復に向けた取り組みの両立が可能との見通しをしているわけです。
「いやいや、ワクチンは重症化を防ぐだけで感染を拡大させるだろ」
「ワクチンを打ちたくない人の尊重は?」
「3回目ワクチンを早く打ちたくても、予約すら困難な地域もあるんですけど」
もう、真っ先にこれらの意見が飛び交うだろうと予想が出来ます。
私のこのブログは国内旅行のジャンルなので、旅行、観光、宿泊に関しては肯定的になるのは当たり前とも言えますが、さすがに手放しでおすすめはできません。
GoToトラベルなんてとんでもない、止めろ!という意見を否定しないし、できません。
ここでは政策が良いか?悪いか?の判断はしないこととします。いろいろな考え、立場、職業の人がいるので、これだ!という一つの最良の答えは出せないものとも思っています。

GoToTravelが再開されても油断しないようにしましょう。ワクチンを打ち終わったからといって新型コロナウイルスに感染しないわけではありません。ワクチンの効果がない変異型の可能性もあります。今までのように徹底した感染対策・意識が必要です。「俺、ワクチン打ったから大丈夫」などと言ってノーマスクで行動したりは論外です。

私個人の意見ですが、旅行の潜在ニーズはすでにかなりあると見込んでいます。度重なる緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発出や延長で、仕方なくキャンセルや延期をした人はかなりの数いると思うのです。宣言が取り下げられたから今度こそ行こうと考えている人は多いでしょう。
慎重で真面目な人は思いのほか多いのです。律儀に我慢して様子を見ていたのです。旅行はそうした心配なくリラックスして行きたいもので、心から楽しめないとしたら今は止めようと考えるものです。
だから、感染者数、重症者数が減って他県移動に罪悪感がなくなれば、キャンペーンなしでもかなり宿泊者は動き始めるはずだと思っています。
考えることは皆同じで、その時が来れば一気にホテル・旅館等の予約が集中する可能性もあるなと私は思っています。

また、ワクチンパスポートの考えから、同様に海外からの渡航者の規制緩和も、政府は始めました。これの良い・悪いも言及しませんが、ただの旅行者、訪日外国人、つまりインバウンド客まで広げるかは分かりませんが、とりわけ日本は海外からの圧力には弱いですから、頑なに鎖国政策をとることはしません。
そうすると、外国人観光客も遅かれ早かれ見かけるようになることでしょう。ただ、かつての賑わいに戻るには数年は要するかもしれませんし、もう戻らないかもしれません。

スポンサーリンク


宿泊施設側はGoToトラベルの復活を待ち望んでいることだろう?と思ってよいでしょうか?
経営者は歓喜でしょうね。ただ、末端従業員レベルではそうでもないかもしれません。
なぜなら、GoToトラベルキャンペーンは見切り発車で開始されてグダグダで、面倒な作業も多かったらしいのです。電話問い合わせも増え、安く泊まれる分、普段は泊まらない層が増えて客層も悪くなったとの報告が多くみられました。
泊まってもらえるだけありがたく思うべきですが、アルバイトなんかは客がいてもいなくても時給は一緒なんて考えているかもしれませんね。
たとえGoToトラベルが復活したとしても、この割引きは強制ではありません。参加しない宿もあります。


いつGoToが始まるか分からないと予約しにくいなー。後から安くなったら嫌だもん。という人もこれなら安心。というシステムだったんですが・・・。
今予約しても取り直し不要!あとからクーポン適用 GoToトラベルキャンペーン 楽天トラベル


記入したがらない人も多いですが、新型コロナでよく分かったと思います。伝染病等の感染経路を追うという意味でどれだけ宿泊名簿が大事かという話のページです。
宿泊者名簿を書かなければいけないのはなぜ?


【このブログでよく読まれている記事】
本当に満室?宿泊予約の裏技
クオカード付きプランって何?ばれる?
ホテル・旅館のタオルやアメニティは持ち帰ってもいいの?
部屋での面会が禁止な訳は?


【その他の記事もこちらからどうぞ】
記事一覧を表示する