東日本大震災の影響と戦車に突っ込まれた旅館

震災の当日
東日本大震災の発生時、私はホテルのフロントで勤務中でした。具体的なホテルの場所は伏せますが首都圏にあります。

発生時、突然の大きな揺れに驚きつつ静観するしかありませんでした。そろそろ治まるかなと考えていましたがいっこうにその気配が無く、非常に長く揺れ続けた地震だったと記憶しています。

3.11。3月11日の金曜日、14時46分。平日のチェックイン前の発生でしたから、まだお客様はほとんどいませんでした。
その場のフロントは棚から少し物が落ちた程度でほとんど被害はありません。揺れが治まった後、ホテル内の主要な場所の点検に走りました。ビル上階の方が揺れが大きくなりますので最上階の客室を点検して行きましたが、普段から倒れるような備品も置いておらず何も被害はありません。廊下に置いてあった観葉植物の鉢が転がってしまった程度で済みました。停電にもならず予約システムを使用しているパソコンも大丈夫なようです。インターネットも問題なく接続出来ましたが、電話は通じないようでした。自分の携帯電話も試してみましたが、通話規制が行われているようで通じませんでした。

一番の問題はエレベーターが止まってしまったことです。エレベーターは大きな揺れを感知すると最寄りの階で緊急停止する安全装置が働きます。その後はエレベーター業者が安全を確認するまでは動かすことが出来ません。地震でこの機能が働いて停止したのは初めての経験でした。
最上階は8階です。お客様には非常階段で行き来していただかなくてはなりませんでしたが、営業は続けることになりました。なぜならその日、宿泊希望者が殺到することとなったからです。

皆さんご存知の通り、その日首都圏の交通機関は完全にマヒしてしまいました。電車は全線ストップ、道路も渋滞や通行規制でほぼ麻痺状態で多くの帰宅困難者が発生したわけです。会社などの出先から自宅に帰れなくなった人達が宿泊場所を求めてホテルは大混乱となりました。

電話が復旧し始めた夕方から夜中まで、ホテルの電話は鳴りっぱなしです。夕方の時点で既に満室になっていた為、お断りするしかないのですが、受話器を置くとすぐまた鳴ります。回線を切って通話出来ない状態にしようかとも思いましたが、状況が状況なだけにどんな内容の電話があるかも分からず、一応は対応せざるを得ませんでした。
私は待合スペースのテレビに流れる津波の映像を遠目に見ながらやっと、とんでもない事態になっていることに気づきました。

その日は私も勤務を終えても帰宅出来る状態ではなく、そもそも帰る手段がありませんでした。電話が復旧して家族の無事は確認出来ていましたので、そのままホテルに泊まり込みました。


その後のホテルへの影響
宿泊者が殺到した震災当日でしたが、その後のホテルは苦境の時期に入ります。まず震災前に既に入っていた予約はほとんどがキャンセルになりました。震災後の新たな予約というのも極端に減りました。3月・4月の落ち込みが最も酷く、月の稼働率は共に40パーセント台にまで落ち込みました。これは今までで一番悪い数字です。しかし地震の直接的な影響で営業不能になってしまった宿泊施設もあったわけですから、それを考えればまだマシな方なのかもしれません。

宿泊者が減る理由はいくつもありました。
東北新幹線、東北自動車道の通行止め。
自粛ムードによる旅行の減少。
原発の放射線の心配から特に西日本、海外の客が大きく減少したこと。
計画停電。

実は放射線の影響による外国人客のキャンセル分においては東京電力がホテルに補償を行いました。しかしこれは本当に微々たる金額にすぎません。なぜなら東京電力が補償対象とした期間よりも、実際はもっと長期にわたって外国人客の影響は続くことになったからです。
また提出する申請書は非常に複雑で、証明する資料も全て添付しなければならず、ホテル側も余分な労力を相当強いられたはずです。

いつ大きな地震が来てもおかしくない日本ですが、過去の震災のような大きな被害は起こらないで欲しいと願うばかりです。
最後に、ホテルの宿泊中に地震に遭遇したらですが、部屋や廊下などその場で物が落ちたり倒れてこない所で、揺れが治まるまではじっとしておくのが良いでしょう。慌てて走ったり、外へ飛び出すのは危険です。その後は従業員の指示に従って下さい。その後に火災が発生する場合もありますから、どんな時でも宿泊時には必ず避難経路を確認しておいて下さい。

スポンサーリンク

アニメが大洗に与えた影響
ホテルの裏話を紹介するこのブログで、なぜここから突然アニメの話を始めるかと言うと、それはこのアニメの中に登場する「割烹旅館 肴屋本店」に理由があります。

2012~2013年にかけてTV放送された「ガールズ&パンツァー」、通称ガルパンというアニメがあります。架空である大洗女子学園の生徒達によって戦車道という選択科目を通して描かれる青春ストーリーなのですが、作中に描かれる他校との戦車による市街戦は実際の茨城県の大洗町が舞台になっており、街並みもリアルに再現されています。大洗の町をご存知の方はもうワクワクでしょうが、知らない人が見ても戦車が縦横無尽に町中を走り回る様はけっこうな迫力があっておもしろいです。

そして市街戦の途中、戦車がカーブを曲がり切れずに玄関に突っ込み破壊された旅館が登場します。それが実際に営業しているこの旅館です。これが功を奏してファンが殺到し大人気になりました。また大洗町全体も観光客が急増し、さまざまな関連イベントが行われたりしてちょっとしたブームになりました。毎年行われる「あんこう祭り」は今でもかなりの人出のようです。
割烹旅館 肴屋本店 楽天トラベル

もちろん大洗だけではないのですが、当時は東日本大震災で多くの地域が直接的な被害、放射線の心配や風評被害の中にあって、観光客の減少が問題になっていました。大洗もそのひとつだったわけですが、アニメによる町興しという変わった方法であれ、復興の助けになったのは幸運だったのではないでしょうか。

もちろん周辺地域の協力もありますが、当初この企画はアニメの制作側が行ったものだそうです。しかし戦車を自分の旅館に突っ込ませて壊されることを承諾した旅館側もどうかと思いますが、結果的に宿泊者増という成功を成し遂げました。

ホテルをはじめ宿泊施設の責任者は、客数アップの方策に日々頭を悩ませていると思いますが、まさかこんな奇策があったなんて思いもよらなかったでしょう。きっと「ああ、うちにも戦車突っ込んで欲しい」と思ったに違いありません。

こうした実際のある地域を舞台として描かれる作品を「ご当地アニメ」と呼び、登場した舞台を訪れることを「聖地巡礼」と言うそうなのですが、全てが話題になり成功するわけではなく結果的に失敗に終わる物も多いと聞きます。
アニメに限らずドラマや映画の舞台になった場所も観光客が訪れたりして時折話題になったりします。

実はホテル・旅館などの宿泊業は自己の努力だけではなかなか集客が難しく、県や市の行政による観光客誘致の為の広報活動に期待していたりします。成功することもあれば思ったほど集客に結び付かないこともあるわけですが、得てしてお役所主導の企画というのは突拍子もないことはなかなか出来ないものです。


その後もOVAの発売、2015年11月には劇場版も公開されました。「肴屋本店」は劇場版にも登場しました。ちなみに、劇場版でポッキリと看板を折られたのは、民宿「大勘荘」ですので混同されないようお願いします。「大洗ホテル」も登場します。

息の長いガルパンですが、「劇場版 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」が2017年12月より公開されました。この最終章は全6話になるそうです。完結まで何年かかるでしょうか?ファンはまだまだ楽しめそうです。

スポンサーリンク


【このブログでよく読まれている記事】
ふるさと納税はお得な宿泊券がおすすめ
本当に満室?宿泊予約の裏技
キャンセル料を払わないと?
未成年者だけで宿泊できる?
チェックイン・アウト時間 - 遅れる・早まる・変更連絡
忘れ物の連絡は?
クオカード付きプランって何?ばれる?
宿泊者名簿を書かなければいけないのはなぜ?
おすすめ旅行便利グッズ(出張快適アイテム) | 乾燥対策も

【その他の記事もこちらからどうぞ】
記事一覧を表示する


最新記事

ちょっとタイムリーな話題
2019年4月10日、公正取引委員会は、インターネット予約サイト大手3社に独占禁止法の疑いがあるとして調査に入りました。こちらの記事ではその辺にも触れています。
2019年ゴールデンウィーク(GW)は10連休 予約は早めに
訪日外国人向け記事
ブログ主へ問い合わせ