フロントに預けるの?鍵の話

最近のホテルの鍵は小さく薄いカードキーが増えています。ホテルと言えばシリンダーキーにでっかいキーホルダーが仰々しく付いていたもので、それが旅の情緒の一部であったかもしれません。ちょっと寂しいと思う人もいる一方で、カードタイプは実に効率的で便利と歓迎する人も多いでしょう。
今回は鍵に関するお話。特にカードキーについてです。

外出時に預けなくてもよいの?
ちょっと飲みに、コンビニまで、外出する際に鍵を預けなくてもよいのかな?連泊で出かける時はどうなんだろう?誰もが疑問に思うことの一つではないでしょうか?
カードキーは、すべてのホテルがそうではないと前置きしておきますが、外出時もどうぞお持ち下さいというホテルがほとんどです。基本、カードキーは預けません。持ち出されても複製出来ないからです。
連泊で出掛ける際もカードキーは預けないのが普通です。
ただ何事もそうですが、全てのホテルが同じルールではなく例外があるものです。まれに一旦返却してくれという所もありますから、連泊の場合はチェックイン時に先に聞いてしまうのがよいでしょう。
鍵を預けないと開けられなくて、部屋清掃ができないんじゃないの?という心配は無用です。ホテル側はマスターキーというか予備の鍵で入ります。
カードでも失くしたら困るから、どうしても預けたいという希望であればホテルは預かるとは思います。
巨大なキーホルダーが付いたシリンダーキーは、誰もがそんな邪魔なものを持ち歩きたくはないので預けるのが普通です。また、複製防止の観点から預かるルールのホテルは多いです。
ただし、シリンダーキーでも預けなくて良いホテルもあり、中には極力フロントの手間を省くため、「鍵はフロントに預けず、チェックアウトまでお持ち下さい」と案内している所もあります。

スポンサーリンク


部屋番号が書いていない
カードキーは中の情報を書き換えて再利用できることがホテル側のメリットなので、カード自体には部屋番号が記されていません。記入してしまってはその部屋でしか使えないカードになってしまいます。
これが宿泊客にとっては自分の部屋番号が分からなくなってしまうという弊害を生みます。ホテルによっては別のメモのようなものを付属して防ごうとしているホテルも見受けられます。しかし、部屋番号を忘れたとフロントを訪ねてくる人は多いはずで、フロントは苦労していると思います。
それなら、カードに油性ペンで書いてアルコールやエタノールで消してまた書くとかすればいいんじゃないの?なんて頭の回る人もいるかもしれませんが、それは現代のセキュリティ社会にそぐわないのです。
小さく失くしやすいカードに部屋番号が記入されていては、拾った人に侵入されるリスクがあります。番号がないことが紛失やフロント預けなしの利便性を高めているのです。
自分の部屋番号を忘れないように、スマホや携帯でドアのナンバーを撮影しておく方法があります。スマホを持たずコンビニに行った。はいはいありがち。
中にはカードキーに部屋番号が記入されているホテルもありますが、シリンダーキーよりは持ち帰られた場合や紛失された場合に手間が少なくて済むからだと思います。面倒なドアのシリンダー交換がなくなるだけでも楽になりますし、番号が分からないことで増えるフロントへの問い合わせの手間を避けているのでしょう。

うっかり持って帰ってきちゃった。紛失した。
チェックアウト時に返却するのを忘れて持って帰ってきちゃった。特に先払いのホテルに多いです。
キーホルダー付きシリンダーキーと違ってポケットに入れやすいですし、存在感も薄いですから、持ち帰り・持ち去りが増えることはホテルも想定済みです。
ここがカードキーの一番の強み。シリンダーキーは持ち帰られると大変です。すぐ返してもらわないと困りますし、もしすぐ回収できなければドアのシリンダー交換をしなければなりません。本日の宿泊者の部屋に侵入出来てしまえますから。最悪シリンダー交換代を請求されることもあります。その点、カードキーはそのカードを無効に出来ます。
後日返却しなくてはいけないか?は、急がなくてもよいので郵送してくれと言うか?処分してくださって結構ですと言うか?ホテルによって対応は異なると思います。
カードキーであっても、紛失も含めて再発行手数料(持ち去り手数料)を請求する所もあります。

記念にもらっていいですか?
一流の高級ホテルになるとチェックアウト後であれば差し上げる方針の所が多いようですね。カードのオリジナルデザインが良いからといった理由で、欲しがる人はいます。
確かにカード一枚一枚の単価はそれほど高くはないとしても、塵も積もれば山となります。薄利多売の宿泊特化型のホテルは返して欲しいのではないかと。高級ホテルは余裕もって代金を頂いているからではないでしょうか?使い捨ての所は少ないと思います。

ドアが開かない!
使い方としては、カードキーには接触型と非接触型の仕組みがあって、ドアに差込口があってカードをそこへ差し込むタイプと、センサー付近にかざすだけのタイプがあります。
それで、「開かない」というクレームは、センサー式だから差込口が見当たらないという場合が多いそうです。「開かない」ではなくて「開け方が分からない」です。
もちろん他にも原因はいろいろ。
・本体の電池切れ。
・カードの劣化。読み取り部の汚れ。
・カード情報の入力エラー
・単に部屋を間違えている。

各ドアの開錠部分には電源コードが繋がっているわけではなく、電池式です。
オートロックでカードキーを部屋の中に閉じ込めてしまう人がいますが、これはシリンダーキーも一緒。カードのほうが存在感が薄いので若干増えることはあるかもしれません。

キースロットに差し込まないと電気が使えないホテルが増えている
ドアを開けたら、部屋のドア付近にある通電ボックスにカードを挿し込まないと電気が点かないというシステムのホテルは最近多いです。
運転免許証サイズで統一してあるキーがほとんどなので、他のカードを差し込めば外出中でもエアコンや充電も使える裏技はもう有名です。
キーホルダータイプも割り箸を挿せば大丈夫だったりします。
ただ、これをやられるとホテルとしてはイタいんですよね。外出中の電力を抑えて経費節減するのが目的です。大抵これをやる人はテレビも照明も点けっぱなしですから。
ここは大いに協力して頂きたいです。

スポンサーリンク


セキュリティは大丈夫なの?
カードキーって安全性は大丈夫なの?スキミングとかされてマスターキーやスペアキーとか作られちゃうんじゃないの?とか考えちゃいますよね。
すごく昔の技術のものには心配はあったようです。だだし、相当の知識と苦労を伴ってやっとという感じらしいので、リスクとメリットを考えるとやる人はいないのではないかと思います。最新のものはその点もかなり強固になっているようなので、怯えながら泊まる必要はまったくないかと思います。
よく考えてみて下さい。電子的なものをすごく心配する人はいますが、それならシリンダーキーを複製して合い鍵を作り、悪用するほうがよっぽど簡単です。
むしろ落とした、紛失した場合は、ルームナンバーが書いていないカードのほうが安心です。

ホテルの初期費用は高いよ!
旅館というのは目的が違うのであれですが、ビジネスホテルなんかは今後、無人フロントや自動精算システムなんてことも考えられますが、その時にカードキーと連動したシステムになっていくことは十分想像できます。
エレベーターに連動することで、押し間違えによる時間ロスを無くす使い方も考えられています。
しかし、これから新規オープンする宿はみなカードキーやタッチキー方式になっていくのかというとそうは言い切れません。便利といっても初期投資にはお金が掛かります。
カードキー方式のシステムにいくらくらい掛かるのか?例えば100室のホテルでざっと800万円です。もちろん導入後の鍵の単価や従業員の負担減も考えないといけませんが、けして安いとは言えません。

チェックアウトの際は鍵を掛けないほうがよいの?
この後にどうせ清掃があるのだろうし、むしろ鍵は掛けないほうが親切なのだろうか?そんなふうに考えたことはありませんか?
これは、チェックアウトの時でもきちんと施錠して下さい。部屋に侵入して備品を盗む輩もいたりします。
オートロックのドアだったとしたら?と考えれば、閉まってよいのです。

言い方。預ける時、戻った時。
鍵を預けるホテル・旅館が知りたいポイントは、すぐ戻るのか?長時間出掛けるのか?です。それが分かれば何と言ったっていいです。
「外出するので鍵を預けます」
と言えば、必要ならフロントが、
「何時頃お戻り予定ですか?」
「門限が何時までですのでそれまでにお戻り下さい」
とか言ってくると思います。親切に言うなら、
「ちょっとコンビニに行ってきますので鍵預けます」
「連泊ですが外出します」
戻った時は、
「外出から戻りましたので鍵を下さい。○号室の○○です」
「連泊で戻った○○です。○号室です」
とか言えばいいんじゃないでしょうか?
連泊で外出中に部屋清掃しますので、ああ、夕方まで帰らないんだなとかがフロントに分かれば助かるわけです。鍵を渡す際に○○様ですね?と、部屋番号と宿泊者が一致しているかを一応フロントは確認してくると思います。
英語で?。
「I will go out now. Please keep my key.」
外出します。鍵を預かってください。
「I'm back. Can I have my key? My room number is ○○.」
ただいま。鍵下さい。部屋番号は○○です。
で、いいんじゃないでしょうか?

帰りが深夜になる場合
外出の戻りが夜中になる場合に注意したいのが、宿が門限を設けているかどうかです。夜間は出入り口を施錠してしまう所、ルームキーで開けられる所、フロントに開けてもらう所といろいろです。深夜戻りで鍵で出入りの場合はシリンダーキーでも預からず持たせる場合があるかもしれません。

スポンサーリンク


おまけ
民泊の普及で、管理人がその場にいなくてもチェックインできる鍵のシステムも増えています。メールで暗証番号を伝えてセルフで入ってもらうタッチキー。スマートフォンで開錠するスマートキー。遠隔操作するリモートキー。
鍵に対する常識もだいぶ変わっていくのかもしれません。

最近では、コンビニでの鍵の受け渡しサービスがスタートしています。
先駆けはAirbnb利用者向けに、ファミリーマートが行う「鍵受け渡しサービス」です。ホスト側が、ファミリーマートに鍵を預け、Airbnb利用者が店舗で受け取り、返却時も店舗へ返却するといったサービスです。
セブンイレブンやローソンなども同様のサービスが始まっています。
主に民泊のオーナー向けですが、コンビニ店員さんはこんなことまで対応しなければならないなんて大変だなと思いますし、トラブルとか大丈夫だろうか?という余計な心配を私はしてしまいます。


ホテルに車の鍵を預けるよう言われる所は、かなり高級や一流ホテルではあります。ボーイに車を預けて駐車場に運んでもらい、そのまま車の鍵はフロントで預かり、出発時には車をまた玄関まで持ってきてもらうみたいな感じの所も。
安ホテルやカップルズホテルで車のキーを預けるのは気を付けたほうがよいです。後日忘れた頃やられたりします。特にスマートキー以外。


キーホルダーを強く引っ張ったりして千切れたチェーンを、直したり取り替えたりする作業がホテルスタッフにはあったものですが、そういうのも無くなっていくのでしょうか?。
アナログの宿だと、キーボックスの鍵の存在でチェックインの有無を確認したりしているのでしょうけれど、キーボックス自体が無くなっていくのでしょうね。
個人的には和風旅館はカードキーにならないで欲しいと思います。四角柱のクリスタルなキーホルダーにUFOみたいなでかい灰皿とマッチ。冷蔵庫のコーラのちび瓶に栓抜き。安っぽいシンプルなグラス。客室になぜか置いてある木製のパズル。こうした風情というか情緒は残っているとうれしいのですけれど。
旅館のパズルの謎


【このブログでよく読まれている記事】
本当に満室?宿泊予約の裏技
クオカード付きプランって何?ばれる?
ホテル・旅館のタオルやアメニティは持ち帰ってもいいの?
部屋での面会が禁止な訳は?


【その他の記事もこちらからどうぞ】
記事一覧を表示する