訪日客増加による宿泊料金上昇と民泊の意義

増加する外国人旅行者のおかげで近年、ホテル不足・ホテル好景気と言われるほど宿泊業界は活気を取り戻してきているようです。訪日客全体が好調ですが、とりわけアジアの比率が高く、爆買い・爆泊などの言葉に象徴されるとおり、特に中国人の景気は良いと見えます。

ホテル・旅館業界は2008年のリーマンショック以降、他の多くの業種と同様に苦しい時期が続きました。そして新型インフルエンザ騒動、円高によるインバウンド(訪日外国人旅行)客の低迷が拍車を掛け、極めつけはあの東日本大震災です。一斉に始まった国内旅行自粛の流れ、放射線の不安からの海外旅行者の激減、ガソリン不足や計画停電などがあったことを皆さんはまだ覚えていますでしょうか?

景気が良いなんて羨ましいねー…どころか、ここへ来てようやくピンチから脱出できそうだというのが大方のホテルの本音ではないでしょうか?
ただこの中国系、韓国系のお客様というのは、どこでも満遍なくその恩恵に預かれるというものでもないらしいです。実は訪れる場所、買い物する場所、泊まる場所、がっちりラインが出来ていて、それを仕掛けている一部の人がおり、それにうまく乗っかれる・噛めるかがカギだったりするわけです。
けっこう騒がれてニュースになっている程には、うちの所は…うちの地域は…という感じの人も多いと思います。


スポンサーリンク

ホテル景気が良ければ値段も上がる。民泊の活用。
訪日外国人は日本のどこかに宿泊します。日本人も従来通り宿泊します。客数増加した分ホテル部屋の稼働率が上がります。稼働率が上がれば部屋代が高くても競争になるので料金が上がります。
ホテル不足でとにかく予約が取りづらくてたまらん!宿泊料金も上がっているようだと感じている人は多いと思います。
ホテル業界はなぜ新しいホテルをどんどん建てないのでしょうか?いや、けっこう新規オープンしてたり、建設中だったりはするようなんですが、乱立させたところでその後が見えないということらしいです。もし円高が進めば訪日客も減ります。
確かに何が起きるか分からない世の中です。東日本大震災、それに伴って発生した放射線の影響で訪日客がほとんどいなくなってしまったことはまだ記憶に新しいでしょう。
もしかしたら、そんなトラウマがホテル業界には残っているのかもしれません
つまりその後が見えないんです。読めないんですよ、これが。非常に難しいんです。

それで、東京オリンピック頃まではこの傾向は続くだろうということで、懸念されるホテル不足をなんとかしなければと、政府は民泊活用の姿勢を示したわけです。そして民泊の規制緩和が一応進みました。
民泊とは、個人が所有するマンションや空き家をホテルや旅館代わりに利用してもらおうというものです。旅館業法の規制を緩めたり、特別措置で個人宅を宿泊場所とすることを認めようという考えです。

しかし、この民泊にはけっこう多くの問題が生じてしまいがちです。
民泊というのは本来、自宅の一室に旅行者を泊めてホームステイのように交流を楽しむというものでした。ホストにはボランティア精神から料金を取らなかったり、取ったとしても格安で提供するというのが一般的です。
けれども最近は、これらの民泊を仲介するインターネットサイトの存在も手伝って、旅館業としてきちんと宿泊料で収入を得る為のものへと変化しました。
民泊はもちろん訪日客の為だけのものではありません。けれども日本のホテルは料金が高いにもかかわらず狭いと、評判があまりよろしくありません。それで外国人が宿泊を求める割合が高いのです。

入れ替わり立ち代わり知らない外国人が出入りし、入口にゴミを放るは、大きな音でドアを叩いて隣室を訪ねあうはではマンションの近隣住民は不安で仕方ありません。
外国人が特別に宿泊マナーが悪いわけではありません。なぜ問題視されるかというと、民泊が一般人の生活している距離に近いからです。また、海外旅行に気分が高揚して、自国にいる時よりハメを外してしまうということもあるでしょう。
民泊で訪日客を宿泊させるからトラブルが起きるのではなく、住民との距離が近いことと、宿泊専用の場所ではないことで目立つのです。民泊問題はここを別けて考えなくてはいけません。

海外からの旅行者が増えたことに不快感を示す意見があり、とりわけネット上では多いと思いますが、ここではその良い・悪いを述べるつもりはありません。私は元ホテルマンでしたから、お客様は万国みな平等という意識があります。他のページでも触れたことがありましたが、日本人に嫌なお客様がいるのと同様に、外国人にも一定の割合で存在するというだけの話です。数が増えれば目立つということはあるでしょう。国が変われば習慣や考えも違うのは当然です。
何十年前、日本人の団体海外旅行ブームがあり、メガネを掛けて背が低く、カメラをぶら下げピーピー高い声で話す、お金だけは持っている日本人が世界中から好奇な目で見られ、疎まれた時代があったことを忘れてはいませんか?

スポンサーリンク

英語文章の入った注意標識をお探しなら。靴を脱いで下さい。この水飲めません。タバコポイ捨て禁止。などインバウンド用、文言などから検索でき便利です。
コムニス(COMNIS)楽天市場店

もともと宿泊者として外国人が多いホテルですが、訪日外国人が増えると外国語の重要性がますます高まるかもしれません。
フロントスタッフは英語力が必要か?

訪日外国人が増加して、日本人宿泊者も減らないと、ホテル不足の状態になり予約が取りにくくなることもあるかもしれませんね。参考にどうぞ。
本当に満室?宿泊予約の裏技


最新記事

ちょっとタイムリーな話題
2019年4月10日、公正取引委員会は、インターネット予約サイト大手3社に独占禁止法の疑いがあるとして調査に入りました。こちらの記事ではその辺にも触れています。
2019年ゴールデンウィーク(GW)は10連休 予約は早めに
訪日外国人向け記事
ブログ主へ問い合わせ