ドア下の隙間の謎

ビジネスホテルに宿泊すると、部屋の入口のドア下と床の間にかなりの隙間があって気になった人はいませんか?
廊下からの声や音がけっこう聞こえてうるさかったり、冷暖房を点けても効率が悪いんじゃないかと思ったり。そこから盗撮されるなんていう物騒な話まであります。
はっきり言ってこんな空間は無いほうがいいんだけどと思っている人も多いと思います。中には使用済みのタオルを挟んでわざわざ塞いでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
これはいったい何の為でしょうか?


新聞を配るサービスをしているホテルもあるから、それを挿し入れる為では?

うーん、それは間違いではないのですがその為にわざわざドアの下に隙間を作っている訳ではありません。どちらかというともともと丁度いい隙間スペースがあるのでそれをサービスに利用させてもらっているというほうが正解でしょう。



本当の理由。
実はあれは部屋内の空気の循環を促す為に必要なものなのです。
ビジネスホテルに泊まったことがある人は分かると思いますが、部屋の作りというのはだいたいユニットバスがあってその天井に湿気を排出する換気扇が付いています。また窓側の壁の一部にも換気扇が付いているホテルも多いかと思います。
しかし部屋の空気というのはどこかから入ってこなければこの換気扇からうまく排出されないわけです。入口と出口があって初めて空気が流れるのであって、換気扇がいくらがんばって回っても密閉状態ではあまり効果がありません。その取り入れ口がドア下なわけです。その為ユニットバスのドア下にも隙間があることが多いです。

扉の下の隙間の事をアンダーカットと呼びますが、現在の建築基準法でもシックハウス症候群の対策としてきちんと定められているようです。
建材や施工時に使用する接着剤などに含まれるホルムアルデヒド等の有害物質によって健康被害が及ばないよう配慮されています。
つまり空気の循環がある場合はそうでもありませんが、籠った状態の建物はより健康に被害を及ぼす可能性があるということです。
そして空気の循環の悪い部屋は湿気が籠り易くカビが発生したりして、人体だけでなく家や建物自体を痛めてしまう場合もあります。

ということは、タオルなどで隙間を塞ぐことはあまり良くないことになります。ただ一泊の睡眠の間くらいは気にしなくてもよいのかもしれません。どうしても隙間が気になる場合は仕方ないのではないでしょうか?私だって一泊くらいなら、安眠とちょっとあるかもしれない健康被害の可能性とを天秤に掛けたら安眠を採ると思います。



アンダーカットの必要性を分かった上で使うのであれば、一応こういった隙間を塞ぐ家庭用の商品というのはあります。
ドア下隙間対策グッズ 楽天市場



それにしても、私も思うのですがドア下のアンダーカットの幅があまりに広すぎると感じたことはありませんか?
おそらくホテルは絨毯やカーペットの張替えが頻繁にあったりしますので、その時に以前より厚みのあるものに交換する時に困らないよう多めにカットされている可能性があります。
逆に最初の施工時は適切な幅だったのを薄いカーペットに交換してしまった為に、以前より隙間が大きくなってしまっているということも考えられます。


ホテルの部屋はなんであんなに乾燥するの?という質問・疑問は少なくありませんが、この部屋の外からの空気の流入が乾燥に拍車をかけていることは間違えありません。真冬はインフルエンザが流行する季節でもありますが、乾燥状態のほうがウイルスにとっては好ましい環境だからです。掛かる危険性はホテルのスタッフも同じです。
インフルエンザ・ノロウイルス対策


スポンサーリンク