宿泊客のプライバシー

ホテルにはいろいろな事情を持ったお客様が宿泊します。その中には自分がそのホテルに宿泊していること、宿泊したことは絶対に秘密にしたい人がいます。
よくある例で挙げると、借金取りから逃げ回っている人、夫や彼氏のDVから逃れてきた女性、お忍び旅行、家出、浮気などです。
ホテルというのは基本、訳ありであろうとなかろうと全てのお客様のプライバシーを守ります。それはホテルの義務であり、信用があってこそお客様は宿泊してくれるのです。


事情があるお客様達は、自分からフロントに理由を話してきたりはしませんから、実際そうであるかは分からないですが、何となくそうじゃないかなという雰囲気で察せられることが多いです。
まれに慎重な人で「誰かが訪ねたり問い合わせをしてきても、絶対に私が宿泊していることを教えないで欲しい」とお願いされる場合もあります。
そのようなお客様、そうであろうお客様については、ホテル側は少し気に留めておく程度で特に嫌がったり迷惑がったりすることもありません。もともとホテルは誰であれ、お客様のプライバシーについては普段から慎重に扱っているからです。

その為ホテルは外部からの問い合わせに対してお客様の情報を教えることは出来ません。例えばあなたが知人の誰かと連絡が取れなくて、「そういえば〇〇ホテルに宿泊しているって言ってたな」と思い出して、そのホテルに電話を掛けます。「〇〇さんという方がそちらに宿泊しているはずなんですが、取り次いでいただけないでしょうか?」とお願いしても断られると思います。良くて「その方がもし宿泊されていましたら伝言だけはさせていただきます」という感じでしょうか。宿泊者からホテルへ前もって「知人の〇〇から連絡があったらこう伝えておいていただけますか」とお願いされていた場合は別です。

たとえ、困ってるんだろうな、別に悪意はないのだろうなと分かっていても、ホテルは残念ながら教えることは出来ません。
ホテルによって違いはあると思うのですが、緊急事態なので教えて欲しいという問い合わせには、私も悩んだりすることがありました。例えばどんな内容かと言いますと「家出しているのだが自殺する可能性が非常に高い」というような場合です。実際宿泊していなければ「宿泊していません」と言ってしまえば良いのでは?と皆さんは思われるかもしれませんが、アリバイを崩すための電話の可能性もあります。つまり電話主はその人が宿泊していないことを確かめたいわけです。浮気する時の言い訳で「今日は仕事で〇〇ホテルに泊まるんだよ」とかです。だからその日は宿泊していませんとも安易に答えられないわけです。
家族や知り合いがホテルに泊まっているか?または泊まったか?こうした宿泊事実の確認電話はというのはけっこうあるのですが、ホテルとしては基本お答えしません。ただ、非常に巧妙な話術で聞き出されてしまうということはあります。例えばこんな感じです。
「○月○日に宿泊した○○○○という者ですが、私は妻で主人に頼まれたんですが、部屋に忘れ物をしたらしいんです。保管されてないかちょっと調べていただけませんか?」
「○月○日に○○というお名前では宿泊が無いようなんですが、別のお名前で予約された、若しくは宿泊したホテル名をお間違えということはありませんでしょうか?」
どうですか?これだと答えたホテルを責めるわけにはいきませんでしょ?多少頭を使えば方法はあります。

その緊急事態という人は、周辺の宿泊施設にいる可能性があるということで片っ端から電話しているようなのですが、小さな所も含めると宿泊施設は何百件もあります。気持ちは分かりますが現実的に考えて効率的ではないです。このような場合は警察に相談してみることをおすすめします。


この個人情報の問題からホテルは自宅電話へは極力電話はしません。しかし仕事上どうしてもホテルがお客様と連絡を取る必要がある場合などは稀にかけることはありました。
また携帯電話は個人の所有物ですので連絡先として登録された番号へ掛けることは許されると私は思っています。携帯番号の登録がされていたなら、部屋の忘れ物の連絡くらいはして差し上げるべきではないでしょうか?ただここはホテルによって大きく意見が分かれるところでしょう。


それと同じくプライバシーの問題から、ホテル側は連泊の清掃以外は許可なくお客様の部屋へ入るということはしません。悲鳴やうめき声が聞こえるとか焦げ臭いとか、もちろん緊急時は別です。



冒頭で「基本、訳ありであろうとなかろうと全てのお客様のプライバシーを守る」と書きました。基本と書いたのは犯罪者などは警察に情報提供する場合はあるという意味です。
警察・探偵の聞き込みは多いの?


スポンサーリンク

記事一覧を表示する
当ブログのおすすめ記事
最新記事

まだ間に合う?年末・年始2019年予約
ブログ主へ問い合わせ