ホテルはなぜ日によって料金が違うのか-日別変動料金

このホテルの料金が日によって、曜日によって、季節・時期によって、違う・変動することは皆さんご存知でしょうし、だいたい世間一般では当たり前のこととして受け入れられているかと思います。

まあ、あれでしょ?例の需要と供給というやつで決まってるわけでしょ?と理由についてもおおよそ納得されているかと思います。

しかし本当によく考えてみるとなぜなのでしょうか?例えばあなたがレストランで食事をするとき、ショップで買い物をするとき、盆や正月だからといって値段が変わるでしょうか?

まあホテルというのはそういうものなのだろうと皆さんなんとなく納得はしているものの、自分は少し疑問ですと考えるお客様がいてもさほどおかしくないのではと私は思います。

スポンサーリンク

違う理由
ホテルによって価格が高くなる日というのはそれぞれ異なると思いますが、大体は土曜日と休前日それに加えて金曜日が含まれるところもあります。それからお盆やお正月。ゴールデンウィーク、シルバーウィーク。8月などのレジャーシーズン。それから年度がわりで人の異動が多くなる3月も比較的そうかもしれません。

これはつまり、ホテルが満室になるだろうと予想出来る日です。お察しのように部屋の供給より需要が上回る日になっています。多少普段より部屋価格が高くてもぜひ宿泊したいというお客様が多い為に成り立ちます。

なんだか宿泊者の足許につけ込んでズルイよなあ…ぼったくりなんじゃ…と思われますか?

実はこれ、ホテル側からするとこう考えていただきたいのです。
値段の高い日が高いのではなくて、それ以外の平日が安いのだと。

方便だな…と言われると思います。しかしホテルは意外に儲かりません。自社ビルであれ賃貸であれその支払い、清掃員・フロントスタッフ等の人件費、シーツ類のリネン代、その他消耗品、食事が出るホテルは食材費、そして水道・光熱費。この水道・光熱費というのがもの凄く掛かります。
その為、人件費であるホテルマンの給料というのはとても安いです。ホテル業はサービス業の中でも最も収入が低い部類に入っていることをご存知でしょうか?

ですから高い日でボロ儲けしているわけではけっしてなく、年間を通してやっと何とか利益になるくらいです。

例えば首都圏の立地が良いビジネスホテルは平日でも満室になったり稼働率が90パーセント台になると思いますが、たいていの所はそこまで行くことはないでしょう。そこで何もない平日に何とか来て欲しいと考えるわけです。少しでも利益が上がるなら、酷いとほとんど利益ないけど次に繋がってくれたらなんて思い切った料金設定で出すこともあります。
格安の平日限定プランや、このサービスは平日に宿泊のお客様限定のサービスになっておりますなんて書いてあるのは、こういった理由からです。


もう一つの理由はホテルが販売しているのが部屋だということでしょうか。
当たり前と言えばそうなのですが、部屋数はそのホテル(旅館・民宿)で決まった数しかありません。満室になったらそれ以上は販売することが出来ないからです。

例えば小売りの店舗だったら、在庫さえあれば倉庫から補充してさらに販売することが出来ます。
飲食店も満席状態になっても、工夫や努力次第でお客様を回転させることが出来ます。

しかしながらホテルは、その日に満室になったらそれ以上はどうやってもお客様を採ることが出来ません。稼働100パーセントになったらそれ以上は無理なのです。
キャンセルがあるだろうと想定して100パーセント以上予約を取るなんて危険なことは出来ませんし、オーバーブッキングの恐怖はスタッフには身に染みて分かっていると思います。

だから満室で他のお客様を大勢お断りしていた日の直前のキャンセルは、スタッフとしてはちょっとがっかりします。(幸いすぐキャンセル分に予約を入れることが出来たりする場合もありますし、キャンセル料というのもありますが)


近年365日統一料金なんていう宿も増えてきているように思います。
同一・均一料金の意味は?得か損か?


スポンサーリンク

記事一覧を表示する
当ブログのおすすめ記事
最新記事

まだ間に合う?年末・年始2019年予約
ブログ主へ問い合わせ