クオカード付きプランって何?ばれる?

おいおい、ちょっと待て。クオカードの闇に触れてくれるな。マジでシャレにならんから止めろ。多くの人に羽交い絞めにされているようなプレッシャーを感じつつ、私はこのブログ記事を書き始めています。検索すればすでに多くの人が記事にしているので、今さら躊躇することもない・・・おや?誰か来たようだ。


クオカード付き出張プランって何の為?意味・理由は?
まず、QUOカードって何?っていう人もいるかもしれません。簡単に説明すると、コンビニ・書店・ドラッグストア・ファミリーレストラン・ガソリンスタンドなど身近なお店で利用できるギフト券(商品券)ですね。プリペイドカードみたいなものです。
それで、ビジネスホテルを探している時、予約しようとした時、QUOカード付きプランっていう料金体系を見たことがある人は多いと思います。
クオカードの額面より安くなっていてお得なのかな?と思いきや値段は変わらない。例えばシングル一泊5000円で、1000円のクオカード付きプランの価格は6000円になっている。カード分上乗せしただけで何の特典もないじゃん?って思いますよね。もちろん知っている人は知っているし、分かっている人は分かっています。

これはビジネスマン、サラリーマンが出張費でホテルに宿泊する際、クオカード分をお小遣いとして懐に入れてしまうのです。
ホテルは領収書にクオカード付きプランとせずに、単なる宿泊代としてしか書きませんし、オンライン決済で印刷する領収書にもプラン名は記載されません。
だから本当の宿泊代にクオカードを上乗せした金額の領収証を会社に提出して、差額をせしめるのです。
会社・企業によって出張宿泊費の規定はいろいろだと思います。出張のホテル代は毎回決まって一律1万円な!それ以上の値段なら自分持ちだし、少なければ差額は返さなくていいよ!という概算請求の企業に勤めていればこのクオカードプランは関係のない話です。
その都度かかったホテル代の領収証金額でもらう実費請求の場合、上限金額さえ守ればうるさく言われないところは、元の宿泊代が安くてクオカードの金額がめいいっぱい乗った領収証を提出することで、けっこうなお小遣いになるのです。
現金でなくクオカードにはなりますが、コンビニでも使えますから現金みたいなものです。どうしても現金に替えたい場合は、額面を割りだいぶ損をしますが、金券ショップで買い取ってもらう方法もあります。

スポンサーリンク

これって犯罪?横領にならない?
厳密に言えば、業務上横領になるでしょうね。ただし、この点に関してうるさい会社、うるさくない会社があるので、所属している企業次第ですかね。この出張費・宿泊費に社内に規定・規制があるかを良く確認しておくことです。
ノミの心臓で、ビクビクしながら行うくらいなら止めておいたほうがいいでしょう。例えば、会社があなたを失脚させたい、解雇させたいと考えたとしましょう。懲戒処分にしたり、クビにしたいが為に、こんなところを突いてくる可能性はゼロではありません。


ホテルは会社の確認・調査に答えるか?
会社があなたを怪しんだとして、プラン名や金額の確認電話などの問い合わせに答えるか?ですが、基本的には答えないです。
ただ、もしかしたら会社名で予約、領収書を発行している場合は応じるところはあるかもしれません。また、巧妙に聞き出されてしまう場合というのもあるので100%とは言い難いです。会社にばれたのはホテルの責任だ!という怒りは筋違いかと感じます。
電話なんかしなくてもネットで料金調べれば分かるだろ?と言いますが、ホテルは料金変動体系のところがまだまだ多いです。つまり、混んでいる日は高くなったりと、その日その日で料金が異なるわけです。だからそう簡単にバレるものでもありません。


ホテル側にメリット・デメリットはあるのか?
メリットは集客という点のみです。クオカードプラン目当てで宿泊してくれる人が増えるかもしれないからです。金券ショップなどでカードの額面より安い金額で大量購入して差額を利益にするというのは、そうたいした金額ではないので儲けにはなりません。
デメリットは無さそうに思いませんか?カードの額面をそのまま上乗せするだけなので損しているわけでもないし。実は意外なところで不利な点があります。それは予約サイトからの予約の場合は手数料が増加してしまうことなんです。つまり、クオカードを含めたトータル宿泊金額の何パーセントというのが手数料になるので、ホテルはサイトに多く払わなくてはなりません。だから、予約サイトにはそうしたプランは出さず、自ホテルのホームページ上しか載せていないところもあります。


実は需要は個人事業主にある
クオカードプランは何もビジネスマンの出張族だけの為にあるものではありません。実は個人事業主、自営業の人にとって喜ばれています。事業の利益が多ければ税金も多くなります。そこで経費を増やし利益を抑える。違法?。いや、脱税というより節税ですね。


そう目くじらを立てるな
こんなプランけしからん。今すぐ無くせ。規制しろ。セコイことするな!という正義マンはいますか?でも、これってあなた個人に直接不利益がのしかかるものではありません。せいぜいあなたの所属する会社内までのことです。
営業マンとか出張族もけっこう大変です。出張先の大事な商談を終えてホッと一息つくために喫茶店に入ったけれど、その飲食費は経費に認められないとか。出張用のカバンとか、こまごました雑費も経費で落とせないとか、いろいろあることでしょう。ちょっとしたご褒美ってな具合で大目にみてあげましょうよ。

スポンサーリンク


一応、自社ホームページ以外でも多くのホテルがQUOカード付きプランを載せていますので参考までに。ログイン後、宿泊エリア(地域)を絞り込んでいって下さい。
QUOカード付きプラン 楽天トラベル

【このブログでよく読まれている記事】
本当に満室?宿泊予約の裏技
キャンセル料を払わないと?
未成年者だけで宿泊できる?
チェックイン・アウト時間 - 遅れる・早まる・変更連絡
忘れ物の連絡は?
宿泊者名簿を書かなければいけないのはなぜ?
おすすめ旅行便利グッズ(出張快適アイテム) | 乾燥対策も

【その他の記事もこちらからどうぞ】
記事一覧を表示する


最新記事

ちょっとタイムリーな話題
2019年4月10日、公正取引委員会は、インターネット予約サイト大手3社に独占禁止法の疑いがあるとして調査に入りました。こちらの記事ではその辺にも触れています。
2019年ゴールデンウィーク(GW)は10連休 予約は早めに
訪日外国人向け記事
ブログ主へ問い合わせ