フロントスタッフは英語力が必要か?

ホテルというのは世界中のあらゆる国や地域からお客様がやって来ます。私の居たホテルの外国人比率は平均20パーセント前後でしたが、今現在はもっと急激に増えていることと思います。当時は欧米の方が多くアジアは意外に少なかったです。ホテルによって外国人比率や、やって来る地域には大きな違いがあると思いますが、どこのホテルでも常に海外からのお客様が宿泊しているというのが普通ではないでしょうか。

そこで皆さんは
言語や文化の違いでホテルは大変なんだろうな…。トラブルも多くきっと従業員は苦労しているに違いない。
と考えていませんか?

これが実は結論から言うと、外国人だからと言って特に問題が多く発生するということはありません。日本人に一定の割合で変わったお客様がいるのと同様に、外国人にも同じ割合でいるというだけの話です。
考えてみれば私たちが海外旅行に行く場合、その国の人に印象を悪く持たれたいとわざわざ行動するでしょうか?むしろ逆に日本人として良いイメージを持ってもらいたい、恥ずかしい行動はしたくないと思うのが普通だと思います。その為かむしろ日本人より外国人のほうがマナーは良いと感じます。


どうやってホテルに予約してくるの?
日本人と同じくほとんどがインターネットによる予約です。例えば日本だと「楽天トラベル」「じゃらん」など多くのインターネット予約サイトがありますが、同様に海外にもその地域に強いサイトがあります。ホテルはそこと契約してネット掲載をします。
そうしたサイトは翻訳された主要な各言語を用意しており、予約する側は自分の言語を選択して読むことが出来るようになっています。世界中どこにいても、どの国の予約も出来るというわけです。

どの言語でも予約できるということはとても便利ですが、だからと言って自分の言語がそのホテルで通用するということではありません。
私の居たホテルでは、使用できる言語が日本語と英語であることをサイトの説明文に加えていました。お客様にとって自分の話せる言語が通用するかはホテル選択の際の重要な要素のひとつになると思います。


スタッフは英語が必須?
そうですね…やっぱり多少は話せないと仕事にならないかもしれません。清掃専門スタッフなどは別ですが、お客様と直に接する場合は最低なんとか意思疎通が出来る英会話能力は必要になると思います。
お客様のスタッフへの質問内容というのはだいたい同じで決まっていることが多いです。また、たいていのホテルは英語のインフォメーションは用意していますから、けして高い英語力は必ずしも必要ではないのですが、全く話せないというわけにはいきません。
問い合わせメールも英文でやり取りしますが、翻訳ソフトや翻訳サイトの助けを借りることは出来ます。ただ、翻訳した文をそのまま送るなんてことは出来ません。文法的におかしな箇所は多く残りますから、かなり修正が必要になります。


そう言えば、学校で習った英語だと実際はあまり使われない表現ってありますよね。けっこう有名かもしれませんが、
What time is it now?
これは自然に使われるのは
Do you have the time?
でしょうか。

My name is 〇〇.
これだと堅い感じ?
I am 〇〇.
でいいんじゃないでしょうか。

I am fine thank you, and you?
これも自然なのは
I am good. How have you been?

Sit down, please.
極端に言うと「座って!」乱暴すぎ?
Have a seat, please.
の方が良いかも。

まあでも、どれも絶対に変ということはないと思いますけれど。


満室って英語でなんて言うんですか?という日本人の質問がたまにあったりするのですが、たいてい
full rooms ですか?って聞かれます。
fullを使うなら
fully booked ですね。bookは本ではなく、予約のことです。それより
no vacancies のほうが一般的かもしれません。no 空室、つまり満室。
We have no vacancies. って私は言ってました。
unavailable でもいいかもしれません。利用できない、在庫(残室)がない、的な意味になると思います。



訪日外国人観光客ならではの話はある?
「富士山まで歩いて行く」と言います。東京から富士山まで大真面目に歩こうとしているのです。
日本はとても狭い島国だというイメージが強いのでしょう。また見知らぬ土地で距離感覚が掴めないのも分かります。また外国人観光客用に分かり易いようにしてあるのですが、日本の観光地がその土地のだいたいの場所にでっかく絵で書いてある地図を持っていたりします。なるほどそんな地図を見ると東京スカイツリー、鎌倉大仏、富士山などがそれぞれすぐ近くに位置しているように錯覚するかもしれません。

東京の地下鉄路線図に絶句する。
そりゃそうでしょう、私でも良く分からないのですから目的地にたどり着ける気がしないでしょうね。


余談ですが…お土産は意外に普通な物を選び喜んでいます。例えば、可愛らしいキーホルダーとかアニメキャラのグッズとか、お掃除のコロコロとか、自分の国にもあるお菓子で日本独特の抹茶味とか。場所も百円ショップやドンキホーテなんかに行きたがりますし、喜んでいます。
日本人の庶民的な生活や食べ物に興味を持っている人は多く、いかにも観光用という場所より「えっ、こんな普通の所でいいの?」みたいな場所のほうが意外に喜ばれたりします。


英語文章の入った注意標識をお探しなら。靴を脱いで下さい。この水飲めません。タバコポイ捨て禁止。などインバウンド用、文言などから検索でき便利です。
コムニス(COMNIS)楽天市場店


こちらの本は海外に行った旅行者側に役立ちますが、ホテルのフロント側としてもとても参考になると思います。
ホテルの英会話ハンドブック新版 [ 伊集院幸子 ]


訪日外国人が増えています。同じ日本人ですら大変な道案内がさらに英語になるのかと思うと、私はかなりしんどいのですが…。
方向音痴?道案内の苦労


スポンサーリンク

記事一覧を表示する
当ブログのおすすめ記事
最新記事

まだ間に合う?年末・年始2019年予約
ブログ主へ問い合わせ