警察・探偵の聞き込みは多いの?

ホテルという場所柄、警察の聞き込みはやっぱり多いです。けっこう頻繁にあります。実際ホテルから逮捕されていった人もいます。ただ警察が探している人が今宿泊しているということは少なかったです。ほとんどが宿泊していないか、宿泊していたとしてもだいぶ前だったという場合がほとんどです。


容疑は万引きから殺人までいろいろです。しかし警察の情報網というのは凄いですね。この辺りに潜伏しているというのが分かっているし、偽名を使っているとしたらとしていくつかの名前を挙げて行ったりします。


ただし協力はけっこう大変で面倒です。犯人の供述とアリバイを一致させる為に、いつからいつまで泊まって、何時ごろインして、何時ごろアウトしたか。時には監視カメラの映像記録を見る場合もあります。
供述により、証拠隠滅の為にトイレのタンクから携帯電話が見つかったこともありました。証拠写真の立ち合いや報告書を提出したりすることもあります。
正直に言うと、とても面倒です。だからといって知らんふりは出来ません。市民として協力するのは当然だと思っていますし、逆に何かあった場合はこちらが助けていただく場合もあるわけですから。


警察よりも多いのが探偵です。家出人などの人捜しをしているわけですが、尋ねられている人物がまさに今宿泊している…なんていう事は無かったです。
探偵にもいろいろあって、「家出人」といって捜している人が本当に家出人であるとは限りません。借金で逃げているとか金を持ち逃げして組から追われているとか、ヤバイことをして追われている可能性もあるわけです。
だから探偵の場合は警察より慎重に考えなければいけません。個人情報保護の問題もあります。たいてい家出人の場合は警察には捜索願が出されており、情報はこちらへと警察署の番号も併記されていますから、こういうチラシは信用して良いのだと思います。


そういうわけで、お客様から見えないカウンターの内側にはこうした尋ね人の写真がたくさん貼ってあったりします。不思議なことに写真を眺めていると何となくどこかで見たことがあるような気がしてきてしまうんですよね。しかし、ほとんどは気のせいです。似ている人というのも世の中には大勢いるでしょうし。


そしてフロントが困るのは、大きなマスクにサングラスをした人がチェックインに来られた時です。ホテルとしては宿泊者の顔は把握しておきたいのですが、なかなか外して欲しいとは言えないものです。病気やケガで隠したい人もいることでしょう。
けれども花粉症の時期なら珍しくありませんが、それ以外の季節だと逆に印象に残るのは間違えありません。


尋ね人の報奨金は10万円くらいあったりします。だから張り切って捜すなんていうことはありませんが、残念ながら偶然うちのホテルへ泊まりに来たということは一度もなかったです。



最近は部屋のドアの下の隙間から盗撮なんていうのもあるらしいです。ドアになぜ隙間があるかご存知ですか?
ドア下の隙間の謎


スポンサーリンク

記事一覧を表示する
当ブログのおすすめ記事
最新記事

まだ間に合う?年末・年始2019年予約
ブログ主へ問い合わせ