ホテル・旅館のタオルやアメニティは持ち帰ってもいいの?

ホテル・旅館・民宿のタオルって持って帰っても良いものなのか?お土産として、もらって良いものとダメなものの違いが分からない、区別が出来ない。同じくアメニティもどの範囲で持ち帰りOKなのか?そんな疑問・悩みをお持ちの方も多いと思います。
もうこの辺でしっかりと判断基準を理解して、覚えてしまいましょう。

タオル

・ビジネスホテル、シティホテルはダメ。

・旅館、民宿、温泉ホテル、リゾートホテル、は持ち帰って良い場合がある。

旅館、民宿、温泉ホテルでビニール袋、ナイロン袋、巾着袋等に入っていて、浴衣と一緒に置いてある薄っぺらい、手拭いタオルのようないかにも安っぽいものは持ち帰りOKです。

名入れタオルは全て持って帰って良いは誤り
ホテル・旅館の名前が入っていれば全て持ち帰って良いのだという認識は間違いです。宣伝用に持ち帰っても良いように名前が印刷してあるのだというのが根拠のようですが、そうではありません。
これはあちこち多くのホテル・旅館に泊まる人に、今日はどこに泊まっているという印象付けの宣伝の意味がありますし、持ち込みタオルとの区別を付けて忘れ物の判断とする意味合いもあります。

持ち帰り専用タオル以外はクリーニングして繰り返し使っている
宿泊施設のタオルは使い捨てではありません。シーツと同じようにリネンサプライの会社でクリーニングされ繰り返し使われます。だからそれに耐え得るように厚手でゴワゴワのしっかりした生地であることが多いです。
だからといって汚いというイメージを持ってしまいがちですが、かなり強い薬品で洗濯、殺菌、消毒されていますのでその点はあまり心配する必要はありません。
よく髭剃りに失敗して、怪我の部分を擦ってしまって、と血液でひどく汚してしまって恥ずかしかったので持って帰ってしまったという話を聞きます。ただ、ホテル清掃側は慣れてるんでなんとも思いません。クリーニングでは漂白でそれも落ちますから気にしなくて良いです。

多くはダメと分かっていて持って行く
「この厚手のしっかりしたタオルを持って行っていいはずはないな」と普通は分かるはずなんです。常識の範囲というか。特にバスタオルを持ち去っていいはずがありません。けっこうな単価ですから。
持ち帰る人はダメと分かっていて持ち帰っているのです。「そのくらいで訴えられはしないし、ホテルも代金請求したりせず、何も言ってこないさ」と思っているのです。


アメニティ

持ち帰りOKなものは?
一度封を開けたら使えない、使い切りの消耗品であるものです。

歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、ボディスポンジ、ボディタオル、綿棒、シャワーキャップ、入浴剤などです。
化粧品、シャンプー、リンス、ボディーソープは使いきりサイズの量のはOKです。小瓶とかパウチタイプのものです。大きいボトルサイズのものは不可です。

コップはダメです。

その他、使い捨てスリッパはOKですが、サンダルみたいなしっかりした客室用スリッパはダメです。

ボールペンはダメなところが多いですが、OKなところもあるようなので要確認です。

ティッシュ、トイレットペーパーも予備まで持ち去る人がいます。これはもう仕方ないかなと思って諦めていました。


備品

・部屋備え付けですから持ち帰り不可です。

よく無くなると言われるものは、灰皿、目覚まし時計、スプレータイプ消臭剤、ハンガー、懐中電灯、バスローブなどです。

ティーバッグは良いですが、湯飲み自体はもちろんダメです。

備品の盗難
酷い話になると、テレビ、ミニ冷蔵庫、空気清浄機、ドライヤー、電気ポット。ここまでくると出来心なんてものじゃなくて、窃盗の意思があってやってますよね。

私が経験上、不思議に思うものは、テレビやエアコンのリモコンです。けっこうあるんです。偶然、自宅と互換性があったとは考えにくいのですが・・・。それとも売るとか?売れるのでしょうか?


ホテルはどう対応するの?
かなり裏話的な内容になりますが、フェイスタオルくらいでは何もしないですね。他は電話します。
「間違えてお持ち帰りではないですか?」と。
ほとんどは悪意があって持ち帰ってるわけですから、シラを切るか電話に出ないか着信拒否です。稀に、
「ごめんなさい。子供が持ってきちゃったみたいで」
と返送してくる人はいます。もしかしたら罪の意識にかられてかもしれませんが。
テレビ・冷蔵庫・空気清浄機は経験がないのですが、あったとしたら警察に通報でしょう。

けれども、それは十分な確認後である必要があります。見えないところに落ちている、隠れていることも多いので、大捜索の後です。
また、知り合い同士で複数の部屋で宿泊していたグループなどは、無くなったと思ったものが他の部屋から見つかることがあります。

細かいもので最終的に疑いが残る人は、データとして記録に残します。例えば複数回宿泊して毎回無くなるとしたらクロということです。
けれども、もう宿泊することはないということで盗むのでしょうし、どうせ偽名で住所・電話番号もデタラメでしょう。それでも防犯カメラに映っていれば盗難届・被害届は出すかもしれません。そもそもが宿泊者名簿への嘘の申告が、旅館業法違反の軽犯罪ですから。

正直、あさましいというか、ふてぶてしいというか、真面目な人には信じられず理解しがたい話かもしれませんが、持って行ってはいけないものも全て持って帰ろうという人は実際に存在します。
その割合はというと、そんなに多いわけではありません。ごくたまにです。

おそらく、病気みたいなものだと思っています。やる人は同じでどこでもやるのだろうと勝手に思っていますが・・・。
きっと、
「持ち帰ってはいけないなんてどこにも書いてなかった!」
とか、言い訳するのでしょうね。

スポンサーリンク


【このブログでよく読まれている記事】
宿泊客のプライバシーと警察・探偵の聞き込み
本当に満室?宿泊予約の裏技
キャンセル料を払わないと?
未成年者だけで宿泊できる?
チェックイン・アウト時間 - 遅れる・早まる・変更連絡
忘れ物の連絡は?
クオカード付きプランって何?ばれる?
宿泊者名簿を書かなければいけないのはなぜ?
おすすめ旅行便利グッズ(出張快適アイテム) | 乾燥対策も

【その他の記事もこちらからどうぞ】
記事一覧を表示する


最新記事

ちょっとタイムリーな話題
2019年4月10日、公正取引委員会は、インターネット予約サイト大手3社に独占禁止法の疑いがあるとして調査に入りました。こちらの記事ではその辺にも触れています。
2019年ゴールデンウィーク(GW)は10連休 予約は早めに
訪日外国人向け記事
ブログ主へ問い合わせ